印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本健康教育学会
Japanese Society of Health Education and Promotion

公開座談会のご案内 (第26回日本健康教育学会学術大会同時開催)

学校における食育で健康教育・ヘルスプロモーションの
評価の考え方を取り入れるには?

LinkIconチラシはこちら(PDF)

日時
平成29(2017)年6月25日(日)9時30分~11時
場所
早稲田大学早稲田キャンパス 大隈講堂地下1階小講堂
(新宿区西早稲田1-6-1)
参加費
無料・事前申込不要
(公開座談会のみの参加は無料ですが,第26 回⽇本健康教育学会学術⼤会に参加される場合は,学術⼤会参加費が必要です)

栄養教育研究会では,平成25年度より,「学校における食育の評価」をテーマに活動を進めてきました.健康教育・ヘルスプロモーションの評価を基本とし,学校における学習の評価の考え方も取り入れた「学校における食育の評価」を提案しています.昨年度は,ワークブックを出版し,栄養教諭・学校栄養職員を始めとした学校の食育に携わる方々にも,健康教育・ヘルスプロモーションの考え方を取り入れた評価の方法とその重要性を理解いただいてきたと実感しています.
 今後の課題は,栄養教育研究会が提案する評価の方法を,現場で実践していただくことです.そこで,今回,文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 食育調査官 横嶋剛氏,坂戸市立入西小学校校長 太田正久氏をお招きし,公開座談会を企画しました.学校の食育に,健康教育・ヘルスプロモーションの評価の考え方を取り入れるには,どうしたらいいのか,参加者のみなさんと一緒に,このテーマについて,ディスカッションしたいと思います.

パネリスト
横嶋 剛 氏(文部科学省初等中等教育局食育調査官)健康教育・食育課 
太田 正久 氏(埼玉県坂戸市立入西小学校 校長
赤松 利恵 (栄養教育研究会委員長/お茶の水女子大学)
司会
中西 明美(栄養教育研究会委員/女子栄養大学)
稲山 貴代(栄養教育研究会委員/首都大学東京)