印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本健康教育学会ロゴ日本健康教育学会
Japanese Society of Health Education and Promotion

メルマガ会員向け メールマガジン

日本健康教育学会では、2015 年より学会員向けメールマガジンを配信しています。
このメルマガは、学会から学会員のみなさまへの情報提供だけでなく、学会員みなさまの情報交換の場にもご活用いただければと考えております。
まだ、お手元に届いていない方、メールアドレスを登録されていない方は、下記のフォームよりご登録ください。
みなさまのご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

メルマガのご紹介(主な目次)

【1】学会主催セミナーの開催
【2】次回学術大会のご案内
【3】研究会からのお知らせ
【4】若手の会からのお知らせ

【5】学会誌最新号発刊のお知らせ
【6】研修会や関連学会などの情報
【7】学会員の英語論文紹介
   LinkIconメルマガでご紹介した英語論文はこちらをごらんください。
【8】事務局だより

学会員の英語論文紹介記事 募集中!

メルマガでは、学会員が執筆した英語論文を紹介しています。
英語論文を執筆した学会員のみなさまからの紹介記事を募集します。

原稿の送付先:日本健康教育学会事務局 LinkIconnkkg@eiyo.ac.jp

☆英語論文紹介記事投稿方法(Web公開後1年以内の論文を対象)

【件名】メルマガ英語論文紹介記事投稿 ※投稿時以下の内容を明記
1) 投稿者の氏名・所属
2) 英語論文のタイトルの和訳
3) 紹介記事本文(250字以内)
4) 文献情報(本学会誌の執筆要領に従い著者名や誌名等を明記)
5) 公開先のWebアドレス

メルマガでご紹介した英語論文

2015~2016

- - - - - - - - - - - - - -
日本人高齢者における
筋力トレーニングの情報源と筋力トレーニングの実施
- - - - - - - - - - - - - -
TV、新聞、雑誌など14種類の情報チャネルのうち、どのチャネルからの情報接触が、高齢者の筋トレの実施と関連しているかを検証しました。
Harada K, Shibata A, Lee E, et al. Sources of strength-training information and strength-training behavior among Japanese older adults.
LinkIconHealth Promot Int, in press.doi: 10.1093/heapro/dau052
原田和弘(国立長寿医療研究センター)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人高齢者における社会参加と介護予防:JAGESコホート研究
- - - - - - - - - - - - - -
65歳以上の要介護認定を受けていない高齢者12,951名を対象に、何の会に参加しているか、および何種類の会に参加しているかを調査し、4年間の要介護認定の発生状況を追跡した。
Kanamori S, Kai Y, Aida J, et al.
Social participation and the prevention of functional disability in older Japanese:
The JAGES Cohort Study.PLoS ONE 2014; 9: e99638.
LinkIconhttp://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0099638
金森悟(東京医科大学/伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

- - - - - - - - - - - - - -
地域在住高齢者における外出行動と認知機能との関連性:
運動器機能による差異
- - - - - - - - - - - - - -
地域在住高齢者の運動器機能の程度によって、外出行動と認知機能との関連性が異なるかを検証した。

Harada K, Lee S, Park H, et al.
Going outdoors and cognitive function among community-dwelling older adults: Moderating role of physical function. Geriatr Gerontol Int. 2015; in press.
LinkIconhttp://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ggi.12437/abstract
原田和弘(国立長寿医療研究センター)

- - - - - - - - - - - - - -
3年間の住民コホート研究における
食べるスピードとメタボリックシンドローム(MetS)の関連
- - - - - - - - - - - - - -
2008年特定健康診査を受ける埼玉県草加市地域住民の中、MetSを除外した40歳から75歳までの8,941人対象に対して2011年まで追跡した。
Zhu B, Haruyama Y, Muto T, et al.
Association between eating speed and metabolic syndrome in a three-year population-based cohort study. J. Epidemiol 2015;25(4):332-336.
LinkIconhttp://dx.doi.org/10.2188/jea.JE20140131
春山康夫(獨協医科大学)

- - - - - - - - - - - - - -
身体活動ガイドラインの普及と行動変容
- - - - - - - - - - - - - -
本総説では、身体活動ガイドラインの認知と行動変容に関する研究の動向について概説した。

Harada K, Nakamura Y.
Promotion of physical activity guidelines and behavior change.
J Phys Fitness Sports Med 2015;4(1):9-15.
LinkIconhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jpfsm/4/1/4_9/_pdf
原田和弘(国立長寿医療研究センター)

- - - - - - - - - - - - - -
主食の種類によって栄養素等量は異なるか?
日本の学校給食における研究
- - - - - - - - - - - - - -
東京都公立小学校16校を対象に、学校給食の献立を収集し、学校給食の献立において、主食別に栄養提供量、食品の出現頻度の違いを検討した。

Kojima Y, Akamatsu R.
Do Nutrient Contents Differ by Grain Type? A Study of School Lunch in Japan.
Health Behav Policy Rev 2015; 2(1): 74-81.
LinkIconhttp://dx.doi.org/10.14485/HBPR.2.1.7
小島唯(お茶の水女子大学大学院)

- - - - - - - - - - - - - -
体重管理における食べ過ぎた後の対策尺度の開発
- - - - - - - - - - - - - -
ある地域の保健センター利用者466名を対象に質問紙調査を行い、体重管理における食べ過ぎた後の対策尺度を検討した。

Shimpo M, Akamatsu R.
The development of an Aftermath of Dietary Lapses Coping Questionnaire for weight control
Heatlh Educ J published online 22 September 2014
DOI: 10.1177/0017896914550169
LinkIconhttp://hej.sagepub.com/content/early/2014/09/19/0017896914550169
新保みさ(お茶の水女子大学院)

- - - - - - - - - - - - - -
日本の中年都市住民の食の質および
等価収入・情緒的健康・5年後の主観的健康感との関連構造
- - - - - - - - - - - - - -
中年期男女を追跡調査し、5年後生存者2,507名の食の質を決定する要因との関連構造を検討した。
Kodama S, Fujii N, Furuhata T, Sakurai N, Fujiwara Y, Hoshi T.
Dietary quality and its structural relationships among
equivalent income, emotional well-being, and a five-year subjective health
in Japanese middle-aged urban dwellers.
LinkIconArchives of Public Health.2015, 73:30 DOI: 10.1186/s13690-015-0081-0
児玉小百合 (和洋女子大学健康栄養学類)

- - - - - - - - - - - - - -
社会経済的地位と身体活動量の関連性:
身体活動のドメイン(仕事・移動・余暇)による差異
- - - - - - - - - - - - - -
社会経済的地位により、ドメイン別の身体活動量との関連が異なるかを検証した。
Matsushita M, Harada K, Arao T.
Socioeconomic position and work, travel, and recreation-related physical activity
in Japanese adults: a cross-sectional study
BMC Public Health 2015, 15:916
LinkIconhttp://www.biomedcentral.com/1471-2458/15/916
松下宗洋(早稲田大学)

- - - - - - - - - - - - - -
我が国におけるがん情報の取得状況およびその関連要因
- - - - - - - - - - - - - -
科学的根拠に基づく適切ながん予防情報の普及は,国民のがん予防行動を促進する可能性がある。
waki R, Shibata A, Ishii K, Oka K.
Obtaining information about cancer:
prevalence and preferences among Japanese adults.
BMC Public Health. 2015; 15: 145
LinkIconhttp://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-015-1510-2
宮脇梨奈(早稲田大学大学院)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人成人の食行動と世帯収入および最終学歴との関連
- - - - - - - - - - - - - -
世帯収入または最終学歴により関連する望ましい食行動が異なることが示された。
Nakamura S, Inayama T, Hata K, et al.
Association of household income and education with
eating behaviors in Japanese adults: a cross-sectional study.
BMC Public Health. 2016; 16: 61.
LinkIconhttp://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-016-2748-z
中村彩希(首都大学東京大学院)

- - - - - - - - - - - - - -
腹八分目とエネルギー摂取量の関連
- - - - - - - - - - - - - -
腹八分目は日本に古くからある健康的な食習慣の1つである。
Fukkoshi Y, Akamatsu R, Shimpo M.
The relationship of eating until 80% full with types
and energy values of food consumed.
Eating Behaviors. 2015; 17: 153-156
LinkIconhttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1471015315000215
新保みさ(お茶の水女子大学)

- - - - - - - - - - - - - -
男性在宅脊髄損傷者の社会参加および周囲からの支援の有無と
主観的健康感および食生活満足度との関連 
- - - - - - - - - - - - - -
在宅脊髄損傷者を対象に社会参加および周囲からの支援の有無を組み合わせた4群と主観的健康感,食生活満足度との関連性と,社会参加と周囲からの支援の相乗効果を検討した。
Hata K, Inayama T, Matsushita M, Shinoda S.
The combined associations of social participation and support
with self-rated health and dietary satisfaction in men with spinal cord injury.
Spinal Cord. 2016; 54 (5):406-410.
LinkIconhttp://www.nature.com/sc/journal/v54/n5/full/sc2015166a.html
秦希久子(前 首都大学東京大学院,現 青森県立保健大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人成人のインターネットユーザーにおける
eヘルスリテラシーと健康行動との関連
- - - - - - - - - - - - - -
社会調査会社に登録のある成人インターネットユーザー2,115名(返答率:20.8%、男性:49.7%、年齢:39.7 ± 10.9 歳)を対象にeヘルスリテラシーの程度と健康行動(喫煙、運動、飲酒、睡眠、朝食、間食、バランスのある食事)
との関連を検討した。

Mitsutake S, Shibata A, Ishii K, et al.
Associations of eHealth literacy
with health behavior among adult Internet user.
J Med Internet Res. 2016; 18: e192.
LinkIconhttps://www.jmir.org/2016/7/e192/
光武誠吾(東京都健康長寿医療センター福祉と生活ケア研究チーム)

ページトップへ

2017~2019

- - - - - - - - - - - - - -
地域病院における目測法を用いた病院食の摂取量評価の基準関連妥当性
- - - - - - - - - - - - - -
病院食の摂取量評価に用いられる,目測法の妥当性及び妥当性に関連する要因を検討した.

Kawasaki Y, Sakai M, Nishimura K, et al.
Criterion validity of the visual estimation method
for determining patients' meal intake in a community hospital.
Clin Nutr. 2016; 35: 1543-1549.
LinkIconhttp://www.clinicalnutritionjournal.com/article/S0261-5614(16)30023-1/abstract

河嵜唯衣(お茶の水女子大学大学院)

- - - - - - - - - - - - - -
在宅脊髄損傷者の健康関連QOL/食生活満足度と食環境認知との関連 
- - - - - - - - - - - - - -
在宅脊髄損傷者を対象とし,健康関連QOL(SF-8サマリースコア)/食生活満足度と食環境認知との関連を検討した。

Hata K, Inayama T, Yoshiike N.
The association between health-related quality of life/dietary satisfaction
and perceived food environment among Japanese individuals with spinal cord injury.
Spinal Cord. 2017; in press. doi: 10.1038/sc.2017.11..
LinkIconhttp://www.nature.com/sc/journal/vaop/ncurrent/full/sc201711a.html
秦希久子(前 首都大学東京大学院,現 青森県立保健大学)

- - - - - - - - - - - - - -
東京在住85歳以上高齢者を対象とした,加速度計を用いた客観的評価および身体パフォーマンス評価との比較による,質問紙調査を用いた身体活動量評価の妥当性の検討
- - - - - - - - - - - - - -
東京在住超高齢者を対象とした前向きコホート研究TOOTHスタディ3年後追跡調査参加者のうち155名(平均年齢90歳)を対象に体力測定,加速度計1週間装着による身体活動量 (OPA) の評価を実施し,質問紙調査による身体活動量評価 (SPA) の妥当性を検討した.

Oguma Y, Osawa Y, Takayama M, et al.
Validation of Questionnaire-Assessed Physical Activity
in Comparison With Objective Measures Using Accelerometers
and Physical Performance Measures
Among Community-Dwelling Adults Aged ≥85 Years in Tokyo, Japan.
J Phys Act Health 2017; 14:245-252.
LinkIconhttp://journals.humankinetics.com/toc/jpah/14/4
小熊祐子(慶應義塾大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人高齢者における運動を1人で行う場合と複数で行う場合の
主観的健康状態との関連::JAGESコホート研究
- - - - - - - - - - - - - -
高齢者において運動を1人でする場合と,家族や友人と一緒にする場合で,
主観的健康感との関連が異なるのか,運動の実施頻度を考慮した上で検討した.

Kanamori, S., Takamiya, T., Inoue, S., et al.
Exercising alone versus with others and associations with
subjective health status in older Japanese: The JAGES Cohort Study.
Sci Rep 2016; 6,: 39151.
LinkIconhttp://www.nature.com/articles/srep39151
金森悟(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

- - - - - - - - - - - - - -
老年期の抑うつ状態を予防する活動は何か?―前向きコホート研究―
- - - - - - - - - - - - - -
愛知県における高齢者機能健診に参加した5104名のうち,ベースラインで抑うつ状態であった者を除いて,約15か月後の追跡調査に回答の得られた3106名(平均71.5歳)を対象とした.

Uemura K, Makizako H, Lee S, et al.
Behavioral protective factors of increased depressive symptoms in community-dwelling older adults: A prospective cohort study. Int J Geriatr Psychiatry. 2017. doi: 10.1002/gps.4776.
LinkIconhttp://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/gps.4776/abstract
上村一貴(富山県立大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本における成人の低収入層の野菜摂取量の格差を縮小するwebベース食教育:ランダム化比較試験
- - - - - - - - - - - - - -
成人の野菜摂取量の格差縮小を目的としたweb食教育プログラムのランダム化比較試験の効果を検証した.
Nakamura S, Inayama T, Harada K, et al.
Reduction in vegetable intake disparities with a web-based nutrition education intervention among lower-income adults in Japan: Randomized controlled trial
J Med Internet Res. 2017; 19: e377
LinkIconhttp://www.jmir.org/2017/11/e377/
中村彩希(首都大学東京)

- - - - - - - - - - - - - -
タイ都市部の小学校児童の体格に寄与する食物摂取内容
- - - - - - - - - - - - - -
タイのバンコク首都圏内の263名の10-12歳児童を対象に,BMI-Zスコアに寄与する食物摂取内容を特定することを目的とした.

Boonchoo W, Takemi Y, Hayashi F, et al. Dietary intake and weight
status of urban Thai preadolescents in the context of food environment.
Preventive Medicine Reports. 2017; 8: 153-157.
LinkIconhttps://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211335517301420
Wannachanok Boonchoo (女子栄養大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人における伝達的・批判的ヘルスリテラシーと身体活動の関連:横断研究
- - - - - - - - - - - - - -
日本人成人(30-59歳)の3,132人のデータを用いて,伝達的・批判的ヘルスリテラシー(以下,HL)と身体活動の関連を検討した.
Matsushita M, Harada K, Arao T.
Relation between communicative and critical health literacy and physical activity in Japanese adults: a cross-sectional study.
J Phys Fitness Sports Med. 2018; 7: 75-80.
LinkIconhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jpfsm/7/1/7_75/_article/-char/en
松下宗洋 (東海大学)

- - - - - - - - - - - - - -
高齢者における客観的に測定された外出時間の変化と
身体・心理・認知機能の変化との関連
- - - - - - - - - - - - - -
高齢者を対象に,客観的に測定された外出時間の変化と身体・心理・認知機能の変化との関連を検証した。
Harada K, Lee S, Lee S, et al.
Changes in objectively measured outdoor time and
physical, psychological, and cognitive function
among older adults with cognitive impairments.
Archives of Gerontology and Geriatrics, 2018; 78: 190-195.
LinkIconhttps://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0167494318301171
原田和弘(神戸大学)

- - - - - - - - - - - - - -
アクティブ・ラーニング介入が
高齢者のヘルスリテラシーと健康行動に及ぼす効果-ランダム化比較試験-
- - - - - - - - - - - - - -
地域在住高齢者84名(平均71.8歳)を対象としたランダム化比較試験により,アクティブ・ラーニング型健康教育介入の効果を検証した。

Uemura K, Yamada M, Okamoto H.
Effects of Active Learning on Health Literacy and Behavior in Older Adults:
A Randomized Controlled Trial.
J Am Geriatr Soc. 2018;66(9):1721-1729.
LinkIconhttps://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jgs.15458
上村一貴(富山県立大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本人男性における
食事摂取と満腹感に対する食器の大きさと提供量の効果
- - - - - - - - - - - - - -
日本人の成人男性21名を対象に,食事の摂取量と満腹感に対する食器の大きさと提供量の効果を調べることを目的とした。

Shimpo M, Akamatsu R.
The effects of bowl size and portion size on food intake and fullness ratings
in a sample of Japanese men.
Public Health Nutr. 2018; 21(17): 3216-3222.
LinkIconhttps://doi.org/10.1017/S1368980018001842
新保みさ(長野県立大学)

- - - - - - - - - - - - - -
日本の青少年において体力は学力に影響を与えるか?
個人内効果と個人間効果を二分したハイブリッドアプローチ
- - - - - - - - - - - - - -
中学生の体力向上は学力の向上に寄与するのか。
Kyan A, Takakura M, Miyagi M.
Does Physical Fitness Affect Academic Achievement among Japanese Adolescents?
A Hybrid Approach for Decomposing Within-Person and Between-Persons Effects.
International Journal of Environmental Research and Public Health 2018;15:1901.
LinkIconhttps://www.mdpi.com/1660-4601/15/9/1901
喜屋武享(琉球大学)

- - - - - - - - - - - - - -
地域在住高齢者における地域活動の新規加入および
継続参加に対する促進要因の検討:2年間の縦断研究
- - - - - - - - - - - - - -
都市部在住の自立高齢者7,608名を対象とした2年間の縦断研究により,目的型団体(趣味・スポーツ,ボランティア)と地縁団体(町会,老人会)への新規加入と継続参加に対する促進要因を検討した。

Nemoto Y, Nonaka K, Hasebe M, et al.
Factors that promote new or continuous participation in social group activity
among Japanese community-dwelling older adults:
A 2-year longitudinal study.
Geriatr Gerontol Int. 2018; 18: 1259-1266.
LinkIconhttps://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/ggi.13457
根本裕太(東京都健康長寿医療センター研究所)

- - - - - - - - - - - - - -
市民農園や家庭菜園での農作業と年長者の健康との関連:
日本におけるWebベースの横断調査
- - - - - - - - - - - - - -
市民農園や家庭菜園での農作業と健康や生活習慣との関係を検討した。

Machida D.
Relationship between Community or Home Gardening and Health of the Elderly: A Web-Based Cross-Sectional Survey in Japan.
Int J Environ Res Public Health 2019; 16: 1389.
LinkIconhttps://www.mdpi.com/1660-4601/16/8/1389
町田大輔(高崎健康福祉大学)

ページトップへ