報告:参加型交流セミナー(第3弾)

みんなで考えよう!話し合おう!共有しよう!

特定保健指導での困難事例から考える

個別対応とヘルスプロモーション  

LinkIcon第1弾(2008.1.12)「どう取り組むか!特定健診・特定保健指導」
LinkIcon報告:第2弾(2009.2.14)「“成果”をどう評価するか?」

2009年度交流セミナー報告

準備委員(福田洋・順天堂大学)のまとめをご紹介いたします。

交流セミナー2009報告 LinkIconまとめPDFはこちら520kb



会期:
平成22年2月6日(土)13時30分~17時30分(その後、懇親会)
会場:
女子栄養大学駒込キャンパス小講堂

【セミナーのねらい】

 地域や職域の現場で、特定保健指導を進めていて、困難事例で悩んでいることはありませんか。自分の健診結果に全く無頓着な人、面接時の反応はいいが全く継続しない人、面接後の連絡の取れない人、指導を受けようとさえしない人、超重症域で保健指導どころではない人、メンタルヘルスやがんなど他の疾患を併せ持つメタボの人。中小企業では、健診や保健指導の時間さえとってもらえないところもあります。

 このような状況にどのように対応すればいいのでしょうか。健康教育や保健指導の技法だけでなくヘルスプロモーションの考え方をもとにした地域や職域の環境づくり、体制づくりへのアプローチなども含めて、参加者一人一人が議論に加わる参加型のセミナーになるようにしたいと思っております。

 さまざまな立場の人たちが、それぞれの立場での悩みや問題点、解決へのヒントなどを出し合い、それを話し合うことで、今後の進め方を考える機会になればと思います。

 それらを通じて、生活習慣病の一次予防やヘルスプロモーションを今後の日本社会でどう進めていくべきか、という根源的な議論に発展することも期待しています。

 お誘い合わせの上ぜひご参加ください。(先着100名まで)

【具体的な内容】  (時間配分はあくまで目安です)

13:30-13:40 
開会セレモニー (日本健康教育学会理事長挨拶、主旨説明)
13:40-15:15 
特定健診指導実施者(健保組合、市町村、協会けんぽなど)からの話題提供。
その話題提供を受けて、フロアで席の近い人同士3-4名で 課題や悩み、困っていることなどの意見交換、その発表
15:15-15:30  コーディネーターの中間的なまとめ
15:30-15:50    ~休憩(20分)~
15:50-17:15
題解決や今後の展開に向けてフロアで再び意見交換、発表。それを受けて、準備委員会委員のコメントやフロアから自由に意見のやりとり
17:15-17:25  コーディネーターのまとめ
17:25-17:30  閉会セレモニー
18:00-20:00 懇親会(場所を変えて、フリーに議論の続きができるように設定しました)
会費3,000円(先着50名まで・当日徴収)
場所:松柏軒 (女子栄養大学駒込キャンパス)

【主な出演者】

コーディネーター・進行: 岩永俊博・武見ゆかり




   準備委員会委員(当日は、コメンテーターの役割も分担)





【交流セミナー準備委員会委員】