印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

シンボルマーク付きHPタイトル.png

2015年度学会主催ワークショップ【認定専門家研修会公衆衛生学会】

日本公衆衛生学会の専門家研修会に認定されました.「公衆衛生学専門能力認定に関する規定」にもとづき,参加者には受講1時間につき1ポイントが加算され,専門家の認定及び更新時に申告できます.

趣旨・目的
 本学会は,学会内外への情報発信及びアドボカシーを強化するという活動方針を打ち出しております.そのため,2015 年2 月に「研究・実践からアドボカシー(政策提言)へ」というタイトルの学会セミナーを開催しました.このセミナーは参加者の好評を博し,アドボカシーに関する理論やより具体的な手法をもっと知りたいとのコメントも多数寄せられました.そこで今年度は,オーストラリアから,肥満,運動,禁煙,職域,学校などのヘルスプロモーションについて長年の実績と数多くの業績のあるTrevor Shilton 教授をお招きし,アドボカシーの基本的な手法の習得を目指したワークショップを企画しています.アドボカシーは,国に対しての政策提言だけでなく,地域や組織の施策やポリシーに対する提言も含みます.グローバル,国,自治体及び企業など,さまざまな領域で研究・実践されている方のご参加をお待ちしています.

テーマ
Developing skills for mobilizing advocacy for health promotion approaches to non-communicable disease prevention: from evidence to influence
​NCD予防に向けたヘルスプロモーションアプローチのためアドボカシー(政策提言)スキル向上セミナー:エビデンスから影響力へ
日 時
2016年2月21日(日曜) 13時~17時30分(開場12時30分)
会 場
東京大学医学部総合中央館(医学図書館)3階333号室
参加費
正会員   4,000円,  聴講のみ 2,000円
非会員   6,000円,  聴講のみ 3,000円
学生会員  2,000円,  聴講のみ 1,000円
学生非会員 3,000円,  聴講のみ 1,500円
※聴講のみの場合、グループワークには、見学のみで参加はできません。
※参加費は、当日、受付にて徴収させていただきます。
協賛
医療法人社団 せいおう会 鶯谷健診センター
後援
公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
日本運動疫学会
特定非営利活動法人 日本栄養改善学会
日本公衆衛生学会

ワークショップの流れ

13:00
開会
13:10
講演(英語)
15:15
休憩
15:20
グループワーク説明(日本語)
15:30
グループワーク (日本語)
16:30
グループ発表(英語)
17:20
講師コメント(英語)
17:30
閉会

 ※講演に同時通訳はありませんがグループワークでは英語が堪能なチューターが必ず付きます.
  英語が苦手な方も安心して参加してください!

 ※公衆衛生学会「公衆衛生学専門能力認定に関する規定」にもとづき,参加者には受講1時間に
  つき1ポイントが加算されます.

※メール、ファックスでも受付しています。件名に「学会主催ワークショップ参加希望」として、氏名、所属、連絡先(メールアドレスなど)と会員種別(正会員、学生会員、非正会員、非学生会員)を記載して、お送りください。聴講のみの場合は、その旨もお書きください。

メールの場合:LinkIcon日本健康教育学会事務局まで
ファックスの場合: 049-282-3721まで