印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本健康教育学会
Japanese Society of Health Education and Promotion

本セミナーは終了しました
たくさんのご参加をありがとうございました。

趣旨・目的
なぜ研究をしますか?と聞かれた時、「新しい事実の発見」であることを証明するためと回答する場合が多いでしょう。これは間違いではありません。しかし、健康教育・ヘルスプロモーション分野においては、もう一つ重要な目的であるアドボカシー(政策提言)があります。しかしながら、研究や実践からどのようにアドボカシーまでに繋げていくのか、多くの研究と実践者にとっては未知の世界とも言えます。そのため、今回のセミナーでは、アドボカシーを常に意識して、第一線でご活躍されている先生をお招きします。そして、グローバル、国、自治体及び企業の4つレベルにおけるアドボカシーとは何か、そして具体的な方法、事例及び体験についてもご講演いただきます。参加対象者は、研究のための研究として終わることなく、アドボカシーまで視野を広げていきたい方、より質の高い研究と実践をしたい方の参加を期待します。

テーマ
研究・実践からアドボカシー(政策提言)へ
日 時
2015年1月25日(日曜) 13時~16時30分(開場12時30分)
会 場
女子栄養大学駒込キャンパス小講堂
参加費
正会員 500円, 非会員 1,000円, 学生会員無料, 
学生非会員 500円
※参加費は、当日、受付にて徴収させていただきます。
第1部
講演(13:00~15:00)
グローバルレベル
エイズアドボカシーからの教訓」
神馬征峰(理事長・東京大学大学院教授)
国レベル
研究成果を活用したたばこ政策への提言」
中村正和(理事・大阪がん循環器病予防センター予防推進部長)
自治体レベル
減塩政策立案のための自治体との協働によるデータ分析とPDCA」
村山伸子(監事・新潟県立大学人間生活学部教授)
企業レベル
産業保健活動から、ヘルシーカンパニー・健康経営へのアドボカシー」
福田洋(理事・順天堂大学医学部総合診療科准教授)
第2部
総合討論(15:00~16:30)
総合司会
春山康夫(理事・学術委員会委員長・獨協医科大学准教授)
赤松利恵(理事・広報委員会委員長・お茶の水女子大学准教授)