ENGLISH
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本健康教育学会ロゴ日本健康教育学会
Japanese Society of Health Education and Promotion

過去の学術大会抄録・アルバム(目次)

第29回(2021・青森)
(オンライン開催) LinkIconアルバム
第28回(2019・東京)
第27回(2018・姫路)
第26回(2017・東京)
第25回(2016・沖縄)
第24回(2015・前橋)
第23回(2014・札幌)
第22回(2013・千葉)
第21回(2012・東京)
第20回(2011・福岡)
第19回(2010・京都)

第29回日本健康教育学会学術大会 プログラム(演題抄録PDF)

LinkIcon第29回学術大会講演集PDF

学会長講演
座長:小橋 元(獨協医科大学)
「人はなぜ“それ”を食べるのか? ~未来に向けて考えるべきこと~」
吉池 信男(青森県立保健大学ヘルスプロモーション戦略研究センター)
奨励賞表彰式および受賞講演
座長:深井 穫博(深井保健科学研究所)
「身体活動・運動と行動変容に関する研究:生活活動の観点から」
原田 和弘(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
「食行動の継続的な管理を目指した研究」
新保 みさ(長野県立大学健康発達学部食健康学科)
特別講演
座長:吉池 信男(青森県立保健大学)
「ヘルスプロモーションにナッジの視点を」
山根 承子(株式会社パパラカ研究所)
シンポジウム
「わかっていてもなかなか実践しない相手をどう動かす? ─身体活動促進へのナッジ─」
座長:福田 洋(順天堂大学大学院医学研究科先端予防医学・健康情報学講座)
「笑いあふれる健康支援活動(メディコ・トリム)」
西村 司(青森県立中央病院健康推進室・臨床検査部)
「ナッジとヘルスリテラシーを組み合わせた身体活動促進」
竹林 正樹(青森県立保健大学大学院)
「ナッジを活用した身体活動促進の研究と実践 -本当に無関心層は“動く”のか?-」
甲斐 裕子(公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所)
「ナッジ × ヘルスリテラシー +α による身体活動促進支援」
江口 泰正(産業医科大学産業保健学部)
特別企画
「ウェアラブルの最新事情と行動変容」
塚本 昌彦(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻)
コーディネーター: 木暮 祐一(SDGs デジタル社会推進機構),吉池 信男(青森県立保健大学)

第28回日本健康教育学会学術大会 プログラム(演題抄録PDF)

◆ 学会長講演
深井穫博(深井保健科学研究所 所長)
座長:吉池信男(青森県立保健大学 教授)
◆特別講演
近藤克則(千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門)
◆ シンポジウムⅠ
座長:武見ゆかり(女子栄養大学) 安藤雄一( 国立保健医医療科学院)
健康日本21(第二次)中間評価を踏まえた今後の展開 身体活動・運動分野

宮地元彦(医薬基盤・健康・栄養研究所)

健康日本21(第二次)栄養・食生活の中間評価と今後の展望

村山伸子(新潟県立大学)

「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」と「健康日本21(第二次)」中間評価に基づく今後の地域歯科保健対策

三浦宏子(国立保健医療科学院・国際協力研究部)

たばこ分野の進捗状況と今後の課題について

平野公康(厚生労働省 健康局健康課)

◆シンポジウムⅡ
座長:北畠義典(埼玉県立大学) 春山康夫(獨協医科大学 )
「社会の行動変容」のための健康教育:社会的決定要因と高齢者の健康

相田潤(東北⼤学⼤学院)

認知機能低下および認知症発症に対する身体活動・社会的つながりの影響

根本裕太(東京都健康長寿医療センター研究所、早稲田大学)

高齢者の健康教育・へルスプロモーション
-身体活動の不眠に対する効用と集団戦略型の健康づくり-

北畠義典(埼玉県立大学)

◆シンポジウムⅢ
座長:深井穫博(深井保健科学研究所) 中西明美(女子栄養大学)
口腔保健と栄養これまでのエビデンスと今後の展望

岩崎正則(九州歯科大学)

口腔保健と栄養健康寿命の延伸を目指した、咀嚼の観点からの食事の在り方

柳澤幸江(和洋女子大学)

口腔保健分野と栄養・食生活分野の協働によるライフコースアプローチ

中西明美(女子栄養大学) 深井穫博(深井保健科学研究所)

◆学会奨励賞講演
人とのつながりを活かした運動の取り組みの実践と研究
金森悟(東京女子医科大学)
食生活リテラシーに基づいた食情報提供方策
-情報提供チャネルと情報検索バリアからの検討-
髙泉佳苗(仙台青葉学院短期大学)
◆サテライトセミナー
福田吉治(帝京大学大学院) 戸ヶ里泰典(放送大学) 助友裕子(日本女子体育大学)
◆モーニングセミナー
LinkIconパラグラフ・ライティングの方法 神馬征峰(東京大学大学院)

ページトップへ