ENGLISH
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本健康教育学会ロゴ日本健康教育学会
Japanese Society of Health Education and Promotion

2021年度学会主催・学術委員会企画
「アクションリサーチを報告するためのガイドライン」作成にむけたセミナー

 日本健康教育学会ではアクションリサーチの普及ならびに学会報告・論文発表を促すことを目的として、これまで3回にわたる学会主催のセミナーの開催と「アクションリサーチを報告するためのガイドライン」の作成に取り組んできました。
 本セミナーでは、作成したガイドライン案の内容を会員に紹介するとともに、アクションリサーチに関する実践や学術的報告の経験が豊富な研究者から助言を得る機会を設け、ガイドラインの完成ならびに公表に向けた示唆を得ることをねらいとしています。
 すでにアクションリサーチに取り組まれている方やご関心のある方のご参加をお待ちしています。

学術委員会 委員長 中村正和


申込は締切ました

日 時
2022年3月6日(日)13時30分~16時30分(13時受付開始)
開場形態
Zoomを用いたオンラインセミナーとグループワーク
対象
日本健康教育学会会員(入会予定者を含む)
定 員
80名程度(先着順)
会 費
無料 (非会員は入会手続きの上,参加可能です。
入会金(2,000円)免除, 納入された年会費(正会員 7,000円)は来年度の会費に充当します。) 
※入会年度2022年度 メッセージ欄に「学会主催セミナー参加」とご入力ください。
参加申込
上記フォームよりお申込みください。

プログラム(案)

13:30- 13:40
主催者挨拶・趣意説明
13:40- 14:35
パネルディスカッション
(第 1部)「アクションリサーチをどのように報告したか-ガイドライン案へのコメンタリー-」
1.ガイドライン案 紹介:福田吉治委員
2. D&I科学の視点から:島津太一先生(国立がん研究センター)
3.アクションリサーチャーの立場から:佐藤美由紀先生(佐久大学看護学部)
ディスカッションなど
14:45- 15:25
(第 2部)グループワーク
15:35- 16:25
(第 3部)各グループからの発表と全体討議
16:25- 16:30
総括・閉会挨拶

◇ 学術委員会 委員

委員長 
中村 正和(公益社団法人 地域医療振興協会)
委員(50音順)
上地 勝(茨城大学)・江口 泰正(産業医科大学)・岡 浩一朗(早稲田大学) 
小橋 元(獨協医科大学)・助友 裕子(日本女子体育大学) 
福田 吉治(帝京大学)・吉池 信男(青森県立保健大学)
オブザーバー:武見 ゆかり(女子栄養大学)・村山 伸子(新潟県立大学)